国際宇宙ステーションISS Hi Res image 1900x1180 pixel

 方角   西南西の方向
      およそ100°の範囲

 観測地  十勝岳
       43°26'.44.25'' N 
      142°39' 00.48'' E

 観測日時 Jun.7, 2013 17:33(UST)
      Jun.8, 2013  2:33(JST)
 大きさ  -
 恒星の数 -

 見頃   -
           

 撮影   June 8, 2013
      十勝岳望岳台

 レンズ  15mm対角魚眼
 カメラ  EOS 1000D
 架台   Vixen SXW

 露光   ISO1600/F4 180秒
            
 
 画像編集 Stella Image 
      Capture NX
 


「おや、なんだろう?」 飛行機のように点滅していないし音もない。
明け方近く明るい光点が北から南西へ低い高度で動いていく。ギラギラした明るさは木星の巨光を遥かにしのいでいる。

ISSだ。公開軌道データで確認。大きな衛星が低い軌道を周っているためか妙に大きい、点ではなく面に見えるほどだ。
太陽光の反射によるためか色は黄色がかっている。人類同胞があの光点の中に居る。50年後はどのような世界だろう..

偶然の産物だが、天の川と十勝岳を背景に按配よく低い空を斜めに掠めていく構図になった。
ISSが無ければ明るすぎてお蔵入りの写真。