雑記 星空のいざない 
   

2013年10月10日 - スカイトラッカー part 1 - パッケージ内容と仕様

   


こちらが iOptron社のスカイトラッカー(SkyTracker)、日本ではあまりレポートの無い製品です。これがそのパッケージ内容。

極軸望遠鏡、高度・水平方向調整付きのマウントベース、それに専用ポーチがついています。コネチカットでボールヘッド込み 410ドルで購入。

最初見たとき極軸望遠鏡は樹脂製かと思ったが金属。マウントベースも国内メーカーなら1万円くらいの値を付けそう。この内容で4万円を切る設定なら既存メーカーは苦労することでしょう。

なおボールヘッドはオプション


 

仕様

搭載重量     最大 3kg
ウォームホイル  80mm径 アルミ合金製 156歯
ウォームギア   11mm径 真鍮製
極軸       40mm径(実測)
追尾速度     恒星時(x0.5のへの切替と南北半球切り替えあり)

使用ベアリング数 4
モータ      DCサーボ
電源       単三電池四本(エネループで動いてます)
         外部 DC 9〜12V, 500mA
消費電力     DC 4.8〜6V 0.06A(最大搭載重量時)
駆動時間     24時間(20ºC)

極軸窓視野角   8.5º

本体材質     アルミ合金
寸法       153 x 104 x 58 mm
本体重量     1.1kg

使用環境     -10〜40ºC
脚への取り付け  3/8インチネジ

付加機能

 極軸望遠鏡   視野角 6º 暗視野照明あり
 マウントベース 高度調整範囲 0º〜70º 水平方向調整範囲 360º
 コンパス    本体上部に内蔵



所感

塗装や細部の仕上げには粗さが残るものの質実で基本に忠実。肉厚に見えるシャーシは突起物が殆ど無く手にとるとずっしりとした感触で華奢な感じはない。電源スイッチは大きくて質実な標準品。そして各スイッチはシャーシの一段奥まったところにある。私見ですが製造物でこういう設計を見ると良心を感じてしまいます。

搭載能力は十分、極軸周りの造りはガタもなく堅牢。20時間以上動作するスタミナには祝福をおくりましょう。追尾性能や高機能なども動いて幾らのお話しです。また取り外し可能な極軸望遠鏡の暗視野照明光源が本体のパワーLEDなのは優れたアイデアです。

独特の思想があるメーカーのようです。


小さな事ですがポーチはキチキチでサイズの余裕がほしかったですね。

ファーストインプレッションは「面白いモノに出会った」です。